クローン・ウォーズ/シーズン7第10話のネタバレ感想&考察|”鳥かごの持ち主”との戦い

クローン・ウォーズ
StarWars.com | The Official Star Wars Website

ディズニープラスで配信が始まった、『クローン・ウォーズ』の最終シリーズ “ファイナルシーズン”

毎エピソード、新キャラやストーリーに登場した過去ネタを特集&解説していきます!

 

今回は第10話「幻影の弟子(The Phantom Apprentice)」。

 

「お前がこれまで選んできた道は、まさしくこの運命につながっていたのだ」

by モール

 

▼前話の感想・考察

クローン・ウォーズ/シーズン7第9話のネタバレ感想&考察|アソーカVSモール開戦・・・
ディズニープラスで配信が始まった、『クローン・ウォーズ』の最終シリーズ "ファイナルシーズン"。毎エピソード、新キャラやストーリーに登場した過去ネタを特集&解説していきます!今回は第9話「忘れがたき旧友(Old Frie

 

あらすじ

マンダロア侵攻始まる。

圧倒的な兵力差で敵を追い詰める共和国軍とボ=カターン率いるマンダロリアンたち。

 

しかし、モールの狙いはマンダロアの支配権などでなく「あるジェダイ」をおびき寄せることであった。

ついにアソーカはモールと対面する…。

 

チュン・ソロの解説&感想<ネタバレあり>

ここに来て、クローン・ウォーズという物語の真髄に迫る展開でした。。

 

VS ダース・シディアス

クローン・ウォーズ終盤にして、ようやくダース・シディアスと同じフィールドで戦う主体が現れました。。

 

 

もちろん、モールのことです!

StarWars.com | The Official Star Wars Website

シディアスの計画を脅かす存在は、これまでに何人も登場してきました。(5人程思い浮かぶのでまた記事にまとめたいな)

これまでメタ認知的に、つまり誰と戦っていようと真に戦ってる相手がシディアスである、と理解していたのはドゥークー伯爵だけでした。

あくまで私の説ですが。。

ドゥークー伯爵はジェダイの救世主?クローン・ウォーズ中の事件に隠された真意と評議会の失態
スター・ウォーズ史上、"最も過小評価されている登場人物"。なんて言うと、あなたは誰を思い浮かべますか?私チュン・ソロなら答えは一択...ドゥークー伯爵!!!マジで重要人物ながら、EP9のトレーラー動画(過去振り返るやつ)

 

前回のモールによる「目の前でサティーン殺害」作戦は、純粋にオビ=ワンへの憎しみから行動した結果として、パルパティーンとしても無視できない第3勢力にまでなってしまっただけでした。

しかし、今回は明確にシディアスの計画を頓挫させることが狙いです。

『ダソミアの後継者』をまだ読めていないため、モールを殺さなかったシディアスの意図が分かりませんが、ここでモールはシディアスこそが真の敵であったことを思い出したようです。。

 

となると「なぜ『反乱者たち』でまたオビ=ワン執着に戻ったんだ?」と頭の上に一瞬はてなが浮かびましたが、、これは帝国を築いてしまった師には手出しができなくなってしまい、かつての仇敵に八つ当たりすることしかできなかった。だから立場は違えど全てを共有するオビ=ワンの元に帰ってくるしかなかった。あのエンディングの秀逸さをさらに引き立ててますね。。泣

 

モールがクローンへの共感ぽいのを見せたのも納得でした。。

「役目を果たした後、どうなった?捨てられた、忘れられたのだ…」

by モール

 

それぞれ暗殺用、戦闘用として巨大な計画のために作られた存在。

 

最後のモールの悲痛な叫びが、クローン大戦の虚しさを物語りますね、、、

「皆死ぬんだぞ!お前らは自分が何をやってるか分かってない!」

by モール

StarWars.com | The Official Star Wars Website

これは作戦でも戦略でもなく、”真実”を知っている者の心の声でした。

ファイブスを思い起こさせます。。

 

『シスの復讐』と重なる物語

ドゥークー伯爵の死亡、オビ=ワンのウータパウ行きなど、エピソード3と同時並行感が出ていてワクワクというか、怖いというか。。

 

StarWars.com | The Official Star Wars Website

スパイに関するくだりは、オビ=ワンがアナキン自身に伝えたのと同じ流れを辿りました。

 

アソーカもアナキンがパルパティーンと親しく話していたところを見ています。

アナキンとほとんど同じ流れで会話が進んでいくところに、二人の絆を感じました。

 

その他いろいろ

今回のタイトル「幻影の弟子」の原題は “The Phantom Apprentice”

つまり、エピソード1『ファントム・メナス』(The Phantom Menace)を由来としている訳です。

戦争終盤に元祖「見えざる脅威」の弟子が「見えざる」=銀河の動きを影から操る存在になったことを暗示しているのでしょうか。

●●●

死に際に「スカイ…ウォ…カー…」て言われがち。(アルメク、ミラージュ・シンテル女王、ヨーダ)

●●●

パイクシンジゲートとブラックサンに加え、クリムゾンドーンの首領ドライデン・ヴォスの姿も見られました。

StarWars.com | The Official Star Wars Website

『ハン・ソロ』が10BBY辺りなので、ヴォスは少なくとも9年に渡ってリーダーの地位を守り続けてきたのです。

●●●

てかモール、いつからあんな演説上手くなったんや?笑

●●●

そして、モールVSアソーカ戦。

StarWars.com | The Official Star Wars Website

めっちゃリアルになってましたね。。歩いてる感じとか!

これ、モーションセンサー技術が使われているためなんです。

Star Wars The Clone Wars: Ray Park as Darth Maul – Official Behind the Scenes

そして、そんな動きのリアルさがあっても、アニメに不自然さを感じさせないクオリティの高さです。。

スター・ウォーズ史に残る伝説のライトセーバー戦として仲間入りを果たしましたね。

 

最後に

ついに迫る「タイムリミット」。

さて、結末は・・・?

 

▼第1話から振り返る

クローン・ウォーズ/シーズン7第1話のネタバレ感想&考察|”99″の真の意味とは…?
ディズニープラスで配信が始まった、『クローン・ウォーズ』の最終シリーズ "ファイナルシーズン"。毎エピソード、新キャラやストーリーに登場した過去ネタを特集&解説していきます!今回は記念すべきファイナルシーズンの第一作目「

 

▼今のところ、クローン・ウォーズ/ファイナルシーズンを見る方法はディズニープラスしかありません。。

スター・ウォーズファンのための「ディズニープラス」徹底解説!ラインナップと絶対見るべきオススメ作品も紹介
ついに...待望のDisney+ (ディズニープラス)が6月11日に日本上陸しました!スター・ウォーズ好きとしては、もう「待ちに待った!」という感じですね。。この記事では、スター・ウォーズファンによる、スター・ウォーズファンのための「Dis

 

 

それでは次に会う時まで、May the Force be with you…

▼スター・ウォーズ観るなら「ディズニープラス」!

Disney+ (ディズニープラス)

・クローン・ウォーズ/ファイナルシーズン(NEW!)

・マンダロリアン/シーズン2(Coming soon…)

クローン・ウォーズ
シェアする
チュン・ソロをフォローする
ミレニアム・パダワン号

コメント

タイトルとURLをコピーしました