“シディアスの天敵” パドメ・アミダラ伝説のスピーチとは?|パルパティーンと真に戦えた人5選!

クローン・ウォーズ
StarWars.com | The Official Star Wars Website

これまで見た映画の中で、一番恐ろしいと思う悪役は誰…?

 

そんな質問を投げ掛けられたなら、私はすぐさまこう答える。

 

ダース・シディアス一択。

 

だって、こいつ一代でジェダイ・オーダー壊滅させましたからね。

1000年に渡って政府お墨付きで銀河を守ってきた予知能力付きの超能力者集団を、ですよ。

 

ジェダイ・オーダーのことは、らくらくとだまし続けてきたシディアスですが、一人何をしても邪魔してくるどうにもならない天敵がいました。

そう、パドメ・アミダラです。

 

今回はそんなパドメの戦績と、同じくパルパティーンとメタレベルで戦った4人をご紹介!

 

パドメ・アミダラの戦い方

パドメの戦い方と言えば、アナキンから受け継いだ“積極的”な交渉(aggressive negotiations)ばかり思い浮かぶチュン・ソロ。笑

 

その勇敢さも称えられるべきですが、

「元老院の歴史にも残るべき偉業」かつ「あのパルパティーンの計画を阻んだ」と言えるのは、ある言葉でした。

 

パドメ 伝説のスピーチ

StarWars.com | The Official Star Wars Website

クローン・ウォーズ シーズン3第11話。

戦争継続に伴い、議員たちは軍備増強の可否を巡って激しく言い争いをしていました。

 

もちろんこれもパルパティーンの策略で、

ドゥークーを通じて賞金稼ぎを雇って、増兵に賛成するよう議員を脅したり、

分離主義勢力に追加のドロイドを購入させて「敵も増兵しているぞ」という危機感を煽ったり、

と、持てるコネ・資源をフル活用し、入念に「増兵するしかない」状況を作り上げて、共和国の財政悪化&戦争継続を予定していました。

 

その結果が決まり切ってるかに見える流れを、一瞬で変えてみせたのがパドメの演説でした。

そしてこのスピーチ、恐ろしく良くできているんです。

 

簡潔に言えば、「500万人のクローン兵の追加購入をするための『増兵予算案』に反対しましょう」ということなのですが、

要所をかいつまんでいくと…

スピーチ全編はぜひシーズン3の第11話を見直してみてください!

 

①一言目に「テクラ・ミナウ。」という誰も予期しない名前で始めることで聞き手の興味を一気に引き付け、

※テクラはパドメの影武者の一人。

②「戦争は人々の苦しみを増やすためでなく、救うためのもの」という誰もが当然だと思う事実を述べて聞き手を頷かせ、

③「勇敢な兵士たちを支持する」と増兵なくなって厳しくなりそうな、前線で戦っているクローントルーパー含めた全ての人にも敬意を払いつつ、

④「この戦争によって戦闘でなく、我々自身に負かされることになる」と上手いこと言いながら、

⑤話の最後をちゃんと「議員ならこの動議に反対するのが義務!」と締める。(誰も反対できない。笑)

 

 

圧巻。。。。

 

こんな素晴らしいスピーチ聞いたことない。

 

スター・ウォーズ界のキング牧師!!!?

 

 

いつも環境をコントロールすることで、正義を味方につけてきたパルパティーンもどうすることもできませんね。。

「一人の支配者が銀河の全てを手中に収めてるにも関わらず、たった一人の議員による”言葉”が何百万の意志を変えうるとは…。」

by パルパティーン最高議長

 

ただパルパティーンの凄みは、自分の意見を強く打ち出さないこと。

 

議会で他の議員(今回ではバトーニ議員)が主張し、自分は「みんなが決めたことだから」と謙虚に受け入れる姿勢を取るだけ。

だから策が失敗してもパルパティーン自体の評判は下がらないし、責任も取る必要がない。。。

スケープゴートと化したバトーニ議員(StarWars.com | The Official Star Wars Website)

 

リスク管理の鬼。

 

伝説が遺したもの・・・

そしてこのスピーチ、クローン大戦を止めることはもちろんできませんでしたが、「希望の種」を残しました。

印象的なのが、反乱同盟軍の創設、そして新共和国の成立初期を率いることとなるモン・モスマが感銘を受けているシーン。

 

パドメは亡くなり銀河帝国の支配が始まりましたが、『反乱者たち』でのモスマの反乱軍創設スピーチも、パルパティーンに対抗する力を”言葉”で結集させました。

 

“ゴースト”から演説するモスマ StarWars.com | The Official Star Wars Website(作画だけどうにかしてくれ、、、、)

StarWars.com | The Official Star Wars Website(なんでEP9はこの”意味”を持った集合ができなかったのかな、、)

同盟軍艦隊、アッセンブル!(違う)

 

おまけ:シディアスと真に戦った4人

パドメと同じようにシディアスの大いなる計画を邪魔した人々をご紹介。

 

これ難しいところで、愚直にクローン大戦を戦っていたジェダイはこのステージにいなかったんですよね。。

所詮、計画内の戦いを一生懸命戦うのみ。。。

だから「真に戦った」というのは、真の狙い「共和国転覆計画」を阻止しようとしたという意味になります。

 

パドメなんかは”結果として戦ってた人”ですが、プリクエル観てるとガチで止めにかかってた人含めて後4人該当者がいるかなと思ってます。

 

Disney+ (ディズニープラス)

CT-5555 ~陰謀との対決~

はい、アークトルーパーのファイブスです。

StarWars.com | The Official Star Wars Website

パドメが平和のみを追求した先にパルパティーン計画との衝突があったなら、ファイブスは友情・絆でしょう。

 

リンゴ・ヴィンダの戦いでオーダー66が誤発した際、シディアスの息がかかった”科学の理論”も気にせず、タップに降りかかった災難の原因究明を続けました。(TCW S6EP1)

その結果、全てのクローントルーパー脳内に人工的にチップが埋め込まれていることを発見。

最終的には、パルパティーン自身から種明かしをされることに・・・

 

哀しきかな。

適切な説明の方法と機会がなければ真実も陰謀論にしか聞こえません。

タップはウイルスによって、ファイブスは最高議長を襲った狂人として死んだこととなりました。

 

 

クワイ=ガン・ジン ~ジェダイの救世主?~

StarWars.com | The Official Star Wars Website

彼こそが「選ばれし者」を正しく導く者でした…。

 

エピソード1でのダース・モールとのセーバー戦は、だてに「運命の闘い」と言われている訳ではありません。

デイブ・フィローニが語る『運命の闘い』の本当の意味とは?
いつも通りStar Wars Theoryさんの動画を見ていると、衝撃的な動画に遭遇しました。スター・ウォーズ観を、こんなにシンプルに、あり得ない程に深くしてくれた言葉は初めてです。デイブ・フィローニが語った内容一連の発言は、Disney+

 

ジェダイ評議会の席を勧められた時も、フォースとのつながりを優先して評議員になることを避けました

元老院のご機嫌を気にするようになった評議会の”外”にある視点が必要だったということでしょうか。

 

結果的にアナキン・スカイウォーカーによってバランスが取り戻されましたが、クワイ=ガンが生きていれば彼を父として導き、もっと平和的な解決になったかも。

それか、ファイブスのようにでっち上げられたかもしれないですが。。

 

モール ~秩序の正面衝突~

クローン・ウォーズ/シーズン7は記憶に新しいところ。(ネタバレ有)

StarWars.com | The Official Star Wars Website

 

共和国 VS 独立星系連合 というシディアスの筋書きに対し、地下犯罪組織をまとめあげ第三勢力となるシャドウ・コレクティブを作り上げます。

その鎮圧は、唯一ダース・シディアスとして自ら手を下した極めて珍しいケースです。(TCWシーズン5第16話)

赤いセーバー5本+ダークセーバーが交わるセーバー戦は震える。。。!

 

さらには「マンダロア包囲戦」を引き起こすことで、将来の弟子アナキン・スカイウォーカーをおびき寄せて殺そうと目論みました。

これは完全に”計画”を潰すための動きです。

クローン・ウォーズ/シーズン7第10話のネタバレ感想&考察|”鳥かごの持ち主”との戦い
Disney+ (ディズニープラス)で配信が始まった、『クローン・ウォーズ』の最終シリーズ "ファイナルシーズン"。毎エピソード、新キャラやストーリーに登場した過去ネタを特集&解説していきます!今回は第10話「幻影の弟子

 

はて、

そのモールの意図を予知し、

シタデル回で得た、共和国と分離主義の中心を結ぶハイパースペース航路「ネクサスルート」を使ってグリーヴァスをコルサントへ送り込み、

パルパティーン誘拐事件を引き起こしてアナキンがマンダロア何かに行ってられないようにしちゃったりしていた・・・?

 

ドゥークー伯爵 ~腹心の裏切り?~

最後に直下の弟子を。

チュン・ソロは、ドゥークー裏切る予定満々だった説推しです。

ドゥークー伯爵はジェダイの救世主?クローン・ウォーズ中の事件に隠された真意と評議会の失態
スター・ウォーズ史上、"最も過小評価されている登場人物"。なんて言うと、あなたは誰を思い浮かべますか?私チュン・ソロなら答えは一択...ドゥークー伯爵!!!マジで重要人物ながら、EP9のトレーラー動画(過去振り返るやつ)

 

このポジション、シスの伝統的に最も警戒されるから、よっぽど手の込んだ策を準備しておかないと勝てませんが。

実際、弟子として鍛えていたヴェントレスは強力となった時点で、抹殺の指令を出す鬼畜さ。。。

 

クワイ=ガンと師弟そろって候補に挙がるのが象徴的ですな。

 

 

 

▼スター・ウォーズ観るなら「ディズニープラス」!

Disney+ (ディズニープラス)

・クローン・ウォーズ全話

・マンダロリアン/シーズン1&2

・ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット(2021年12月29日開始!!)

・オビ=ワン・ケノービ(coming soon…)

クローン・ウォーズ 深掘り
シェアする
チュン・ソロをフォローする
ミレニアム・パダワン号

コメント

タイトルとURLをコピーしました