クローン・ウォーズ/シーズン7第2話のネタバレ感想&考察|”スカイウォーカーの遺産”を考える

クローン・ウォーズ
StarWars.com | The Official Star Wars Website

ディズニープラスで配信が始まった、『クローン・ウォーズ』の最終シリーズ “ファイナルシーズン”

毎エピソード、新キャラやストーリーに登場した過去ネタを特集&解説していきます!

 

今回は第2話「エコーの呼ぶ声(Distant Echo)」!!!!

各キャラクターが深掘りされていく良回でしたね。

 

“The search for the truth begins with belief.”

(信念に拠らなければ、真実は明らかとならない)

 

▼前回のあらすじ・ポイント解説

クローン・ウォーズ/シーズン7第1話のネタバレ感想&考察|”99″の真の意味とは…?
ディズニープラスで配信が始まった、『クローン・ウォーズ』の最終シリーズ "ファイナルシーズン"。毎エピソード、新キャラやストーリーに登場した過去ネタを特集&解説していきます!今回は記念すべきファイナルシーズンの第一作目「

 

あらすじ

優秀な指揮官レックスの戦術が次々と攻略されてしまう…。

その謎を解くため、レックスは特殊部隊バッド・バッチと共に、分離主義陣営の指揮をまとめるサイバーセンターに侵入。

そこで見つけたのは、死んだはずのクローントルーパー「エコー」からと思われる信号であった。

 

アナキン・スカイウォーカー将軍は、レックス、バッド・バッチを率いて信号の発信源である惑星「スカコー・マイナー」を訪れる。

 

登場キャラクター

新登場の主要キャラクターだけ紹介します。

 

分離主義陣営

「ワット・タンバー」

StarWars.com | The Official Star Wars Website

スカコ・マイナー出身の種族スカコアンで、テクノユニオンの監督者です。

ジオノーシスに集まった、独立星系連合の発足メンバーでもあります。

 

戦闘にも関わっており、トワイレックの母星ライロスの侵略統治を監督しました。

しかし、メイス・ウィンドゥ率いるクローン・トワイレック連合軍に破れ、捕虜の身となります。

StarWars.com | The Official Star Wars Website

 

実際にアソーカが牢獄にいた際、その姿をモニターカメラで見ることができます。

どうやって脱獄or釈放されたのかは謎ですが、再び力を取り戻し、スカコ・マイナーで監督者の立場に戻りました。

 

テクノ・ユニオンとは?

「テクノ・ユニオンは中立だ。共和国に攻撃されるはずがない。」

by ワット・タンバー

軍人であるトレンチ提督と違い、ワット・タンバー率いる企業連合体「テクノ・ユニオン」は中立を宣言していました。

 

実際、分離主義者へバトルドロイドを建造しつつも、共和国へ船などを建造・提供もしていたのです。

さらには、元老院にグーム・サーム議員という代表まで送っていました。(ロット・ドットと悪巧みしてたやつ。)

画像は同じイシ・テゥブ種族のミッチ・マット(サームの公式画像がなかった) StarWars.com | The Official Star Wars Website

 

今回はスカイウォーカー将軍を、自前のドロイドと共に中心都市パーコルで待ち受けました。

 

チュン・ソロの感想<ネタバレあり>

ここから下は、ネタバレ有で私の感想を述べていきます。

 

「エコー」という人

タイトル

まずは、作品タイトルについて。

 

日本版のタイトルは、「エコーの呼ぶ声」

当然ですが、エコーが発信源であるアルゴリズムの信号を辿るストーリーを表していますね。

 

これ、英語版は「エコー」とい名前をちょっと粋に使ってるんです!

 

原題は、“Distant Echo”

直訳すると、「遠いこだま(=反響、エコー)」となり、エコーの声が通信信号として届けれられたことを一言で表しています。。

なんか彼の悲痛な叫びが伝わる秀逸なことば選び。。

 

そして、トルーパーの名前って、多くは特徴や演出などの由来がありましたが、シーズン7でついに「エコー」にも意味があったことが明かされた形ですね。。

 

兵士の命…

「レックス、俺のために戻ってきてくれたのか…?」

by エコー

このセリフ、、グッと来ました。。。泣

 

そうなんです。。

普通に見ていたら、戦争だから兵士全体で犠牲が少なければ良いし、他の無事な仲間を守り任務を成功させるために、負傷した兵士を置いていくのも合理的に分かる。

 

でもさ…

死んでいくのは、置いてかれてるのは、一人の人間なんですよね。。

“置いていかれたひとり”としてのエコーの言葉が突き刺さりました。。泣

 

StarWars.com | The Official Star Wars Website

 

そして、その気持ちを痛いほど分かっているから、レックスはクロスヘアーの発言にブチ切れました。

レッカー:

「自分よりデケえのとやり合うってか?」

レックス:

「やりあった後、お前は粉々だがな!」

レッカーへも毅然として立ち向かっていく姿、カッコよかった。。

 

グリーヴァスに切り殺されそうになったのをアソーカに救われ、クレルの策略により自分の指揮下での同士討ちを目の当たりにし、そして戦友ファイブスが死んでいくのを腕で抱えたまま見届け…。

こういう辛い経験が、この強い怒りにつながっていたのでしょう。。

 

アナキンが与えてきた影響

StarWars.com | The Official Star Wars Website

そして、ここで忘れてはいけないのがアナキンの存在。

ルミナラやウィンドゥなど他のジェダイの指揮下にいれば、レックスもこんな感情は絶対に持つはずが無かったですよね。。

 

ただ、レックスを憂うアナキンの言葉にはちょっと笑っちゃいました。

 

「任務に個人的な感情を持ち込んでしまってるんだ…。」

(いやいや、R2-D2救出任務との違いを説明してほしいのだが…?笑)

 

「エコーが死んでた時の心の準備はできてるか…?」

(いやいや、覚悟してはずなのに、任務のために恋人がキスされそうになったの見て、クローヴィス半殺しにしとったやん…)

 

まあそこがアナキンっぽいんですがね。笑

 

そして思ったのですが、、

アナキンって部下(自分が面倒見ないといけない人?)がいる時は、デキる男ですよね。

「戦争脳」の評議会より、よっぽどジェダイの道に忠実だし、一応部下のレックスやアソーカからの指摘が正しければすぐに認めるし。

まあ、お互い気持ちが分かってるからこそ、露骨な正論でも素直に聞けるのでしょう。

 

となると、、

「パドメを失うかもしれない、、」というその恐怖の中、すぐ隣にアソーカがいれば、レックスがいれば。。

とさらに悲しみが増すチュン・ソロでした。泣

 

その他小ネタ

ポルテク

StarWars.com | The Official Star Wars Website

スカコー=マイナーの原始種族。

言葉はロシア語とかに聞こえが近い気がする。。

 

というか、彼らが乗るあの爬虫類。

どうしても、モーティスにいたサンの変身体と似すぎている気がするのだが。。

 

StarWars.com | The Official Star Wars Website

 

あの姿形と、足で掴んで人攫いしていくところ。

モーティスでは、アソーカが攫われましたね。。

 

誰か共感、もしくは何か関係思いつく人はいないだろうか…?

 

レッカー、気が知れたらいい奴感が増す

GONKドロイドで筋トレしてるのは笑いました。

StarWars.com | The Official Star Wars Website

でも、終わったら優しく置いてましたね…。

 

 

からの、操縦!!?

 

テックが操縦してるの分かるけど、まさかのレッカーが副操縦士とは。。笑

なんだかチューバッカを彷彿としました。。

デカい=不器用ではない StarWars.com | The Official Star Wars Website

 

そして、高所恐怖症・・・笑

ハンターの「お手てつないどいてやるよ」に笑いました。

 

バッド・バッチの指揮者とは…?

これ、劇中では流されてしまいましたが、、

 

コーディと任務したことあるらしいので、212大隊の任務を探っていけばいいのかな?

噂に過ぎませんが。「バッド・バッチに関するアフターストーリーが制作される」というのを聞いたので、それに向けた伏線かもしれません。

 

最後に

なんか第2話の方が、クローン・ウォーズが帰ってきた感があった気がします。

さあ、エコーの運命やいかに…!?

 

次回も楽しみ!

 

▼今のところ、クローン・ウォーズ/ファイナルシーズンを見る方法はディズニープラスしかありません。。

スター・ウォーズファンのための「ディズニープラス」徹底解説!ラインナップと絶対見るべきオススメ作品も紹介
ついに...待望のDisney+ (ディズニープラス)が6月11日に日本上陸しました!スター・ウォーズ好きとしては、もう「待ちに待った!」という感じですね。。この記事では、スター・ウォーズファンによる、スター・ウォーズファンのための「Dis

 

 

それでは次に会う時まで、May the Force be with you…

▼スター・ウォーズ観るなら「ディズニープラス」!

Disney+ (ディズニープラス)

・クローン・ウォーズ/ファイナルシーズン(NEW!)

・マンダロリアン/シーズン2(Coming soon…)

クローン・ウォーズ
シェアする
チュン・ソロをフォローする
ミレニアム・パダワン号

コメント

タイトルとURLをコピーしました