『バッド・バッチ』シーズン2第12話 ネタバレ感想&考察|クロスヘアー泣泣泣泣泣泣泣泣

クローン・ウォーズ
(C)2023 Lucasfilm Ltd.

2023年1月4日から配信が始まった、スター・ウォーズアニメ『バッド・バッチ』シーズン2。

 

今回は第12話「前哨基地」(The Outpost)のストーリーについて、ネタバレありで感想・考察を述べていきます。

本当に記事タイトル通りの感想です。泣ける…。

 

年額プラン
ディズニープラスを10ヵ月以上“月額プラン”で契約している方へ。年額プランなら実質2ヶ月無料でお得!

時系列での感想

本シーズン第3話以来の、クロスヘアー登場回となった第12話。

ここまで見続けてきたからこその、とんでもなく渋い味わいを一緒に噛みしめていきましょう。。

 

クローン、退役する

徴兵法案が可決したことで、カミーノ亡き後、唯一クローンの聖域であった「共和国軍事作戦本部」にも押し寄せるTKトルーパーども…。

第3話のデシックスで、クローンが去りTKが押し寄せる印象的な描写がありましたが、今回はそんな趣もなくTK一色…。

(C)2023 Lucasfilm Ltd.

クロスヘアー、そしてクローンたちにとって恐らく最後の任務はバートン4の補給基地防衛。

指揮権は、クロスヘアーでもクローン・コマンダーでもなく、ノーラン大尉という人物でした。

 

ついに、指揮系統からクローン・コマンダーが下ろされたとも見て取れます。。

 

極寒のバートン4

補給基地は雪積もる極寒の星に位置していました。

 

責任者は、クローン・コマンダーのメーデー。

この僻地には名前呼びの伝統が残っており、ヘックス、ヴィーチという2人の部下が生き残っていました。

 

戦死したトルーパーたちのヘルメットを飾ってるのが、とっても『クローン・ウォーズ』シーズン7のキービジュアルでやるせなくなる…。

そしてクロスヘアーの若干の沈黙を置いての「クロスヘアーだ」という答えも渋い。

 

侵入者が発生して対応する2人。

フェネック姐さん状態になるクロスヘアーおじさんでした。

敵を追跡する時は、ハンターのことを思い出すのだろうか…。

 

洞窟で敵の死体を発見したメーデー。

「部下のアーマーを盗んでる」と非難するが、自身のターバンも賊の装備を拝借しているのでは?

ターバンを頭に巻いて意味があるか分かりませんが、無理やりにでも環境に適応している感じが良き。

 

そういえば、TCW S1のオート・プルトニアでの任務では、一時的なミッションにも関わらず防寒対策アーマーを装備。

でもここのトルーパーは長期任務なのに追加装備なし。。

(C)2023 Lucasfilm Ltd.

赴任から1年になるという発言を受けて、帝国始まってから1年経ってるんだったと思い出す。。

 

▼7、8話で時系列がある程度明らかになりました。

『バッド・バッチ』シーズン2第7話&第8話 ネタバレ感想&考察|“クローン・ウォーズが再来した” - ミレニアム・パダワン号
2023年1月4日から配信が始まった、スター・ウォーズアニメ『バッド・バッチ』シーズン2。   今回は同時配信となった第7話「クローン謀議」(The Clone Conspiracy)と、第8話「真実と結末」(

 

洞窟内の会話も、いちいち渋かった…。

地雷踏んでからの、所属部隊のやり取り。レグ嫌いの「クローン・フォース99」と言うのをためらう感じ。。。

そして、答えの内容を何も気にせず質問を続けるメーデー。

「全員死んだ」と答えるクロスヘアー。

地雷解除に成功しても、喜びも感謝もなしに淡々と任務を続行する2人。

 

クロスヘアーの心の傷をさりげなく描きつつ、ベテランクローン兵のなれの果て同士の会話を見せられると、結構心に来るものがありました。。。

 

Hulu

【▼おすすめ記事:Hulu | Disney+セットプラン:一番お得な入会方法をパターン別で検証してます!】

引き金と雪崩

略奪者たちのアジトを発見し、多勢に無勢でも余裕で奇襲するコマンダー級の2人。

二丁拳銃のレックスとはまた違い、二丁ブラスターのメーデーもまたかっこいい…。

 

雪山での爆発はNGですね…。テクがいたら止めてた。

バッド・バッチ シーズン2第4話|ネタバレ感想&考察 オーラベッシュ完全解説します - ミレニアム・パダワン号
本記事では1月18日(水)より配信開始となった、『バッド・バッチ』シーズン2の第4話を解説していきます!   「ライオット・レース」ということで、1話完結型の爽快なレース回でした! いつも通りの感想・考察の他、

2人は雪崩に巻き込まれます。

 

雪の中から這い出てきた時のクロスヘアーの表情も、素手で雪を掘るのも痛々しすぎる。

“死神”に見下ろされながら、瀕死の仲間の肩を抱え、基地への帰還を目指します。

 

基地に戻ると、開口一番にメーデーの手当てを訴えます。

ここの返しセリフで「お前らは使い捨て(expendable)だ」を使ってくるとは…泣 TCW S1第2話を思い出して泣いてしまいます。

 

Clone Sergeant Sinker: We are just clones, sir. We are meant to be expendable.

Plo Koon: Not to me.

 

死に神を見上げて腹を決める。

躊躇なく引き金を引くのがクロスヘアーです。

 

チュン・ソロが噛みしめた言葉

“貴重”な貨物

まずはこれ。

シンプルだけど、帝国の価値観を明確に表したひとこと。

 

帝国に無用なものは次々と切り捨てられていきます。

 

“帝国”というよりも、パルパティーンと言った方がいいかもしれません。

師匠のプレイガス、弟子のダース・モール、デス・ウォッチ、ヴェントレス、クローヴィス、ドゥークー伯爵、分離主義首脳陣、そしてクローン・トルーパー…

 

次世代のTK装備のため、最後の1人までクローンの命はすり潰されていきました。

 

死体はお荷物

クロスヘアーのひと言が、本当にエピソード全体でいい味を出していました。

No point in carrying a deadweight. (死体なんかお荷物だろ)

 

直訳すると「死体を運んでも意味がない」。

 

地雷を踏んだクロスヘアーに対する、メーデーの答えは「お前の死体を運ぶのも気が進まない」

死体になろうと当然運ぶと言ってのけたのだ。

これがクローンの兄弟愛。。。

 

共和国時代のクロスヘアーなら、1人のレグの死体など、文字通り放置してたでしょう。

でも彼は自分の命の保証すらない状況で、メーデーを担いで歩きました。

 

クロスヘアーが自分の意志で命令に従い続けた理由、それは実は仲間を守る一心だったと感じられます。。

口ではあれこれ言おうが、仲間が命令不服従で罰せられるのを回避するために、good soldierであり続けた。

 

こんなこと言うのあまり宜しくないけど、仲間のために命令を裏切って最期を迎えるのが、クロスヘアーの人生として美しすぎるから、あれで退場でも良かったなんて思ってしまう…。

 

さいごに

クロスヘアー出なさ過ぎでは?とか思ってたけど、これは渋い。。

シーズン2大好き…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました