スターウォーズ世界のプロパガンダ!共和国の民衆を鼓舞したポスターとは?

おすすめ

今回は、あるアートブックの紹介です。

 

テーマはなんと、プロパガンダ

スター・ウォーズ世界の一般市民のこととか知りたいチュン・ソロにしてみれば、大好物の本でした。

 

その内容と魅力についてさくっと解説します!

 

作品基本情報

タイトル:Star Wars Propaganda: A History of Persuasive Art in the Galaxy

著者:Pablo Hidalgo

出版社:Harper Design

カバーサイズ:縦32cm×横24cm×厚2.5cm(ビッグサイズ!)

言語:英語(2020年6月時点、未邦訳)

 

 

作者のPablo Hidalgoさんは、シークエル作品のビジュアルブックを手掛けてきた方です。

日本語版はまだ出ていませんが、アートなので十分見て楽しめます!

 

さらには、付録でA4サイズのポスターがなんと10枚もついてるんです!!!

 

これゲットして満足した感はある。。笑

仕舞ったままじゃもったいないから、額縁的なの買おうかな。。

 

内容のあらまし

「プロパガンダ」というタイトル通り、「歴代の勢力がどのように情報発信を行ってきたのか?」をまとめたビジュアルブックです。

 

銀河内で実際に出版されたという設定に基づいており、

時代ごとのプロパガンダ用ポスターを、ビス種族のアーティスト「ジャニア(Janyor of Bith)」が解説していきます。

※ウーキーペディアの日本語表記は「ジャノイア」ですが、発音的に近い「ジャニア」で統一表記します。

ビス種族はアートや数学で成功する者が多い StarWars.com | The Official Star Wars Website

 

扱う時代は、EP1の頃の銀河共和国から、ファースト・オーダーの台頭辺り(ブラッドラインの時代)まで。

 

具体的にはこんな内容のものがありました。

・共和国の戦時国債購入を市民に奨励するポスター

・帝国軍への入隊を呼びかけるポスター

・レイア・オーガナの主席議員選の選挙ポスター

→これ実は、ブラッドラインの表紙絵とコントラストになってるんです!!!芸が細かい…!

 

▼小説『ブラッドライン』について

スター・ウォーズ小説『ブラッドライン』紹介!シークエル嫌いこそ読むべき?!
今回は、私チュン・ソロがこのブログでSWファンの人に最もお伝えしたかった作品の一つを紹介します。。 それは.... 小説『ブラッドライン』です! 『エピソード6』後のレイアを...

 

読むべきポイント

各陣営の戦略がマル見え!

作中ではなかなか触れられない、民衆への「宣伝戦略」が解説されます。

 

共和国で言えば、一部で不信感が高まりつつあったジェダイでなく、クローンを戦争の象徴として押し出したり、

StarWars.com | The Official Star Wars Website

 

エンドアの戦いで負けた帝国が、反乱軍を「裏で操ってるのは誰?」と揶揄して不信感を煽るポスターを作ったり、

StarWars.com | The Official Star Wars Website

↑まるでハットに操られているかのようなデザインも。レイアがジャバ絞め殺してんのに。。(笑)

 

膝を打つ名言も!

「アートと政治」という視点から、広く人間性・戦争に関して、鋭い意見が提示されます。

 

“To dismiss propaganda as a lesser form of art is to deny a fundamental part of who we are.”(プロパガンダを芸術以下の産物だと卑下することは、我々の根底部分を否定するのと同じだ)

by Janyor of Bith

 

そんな思考から、戦争に関する本質的な洞察も繰り出されました。

“The Galactic Civil War was not a battle foe territory. It was a struggle for the hearts and minds of the galaxy. The war artist was the Rebel Alliance’s super weapon.”

(銀河内戦は“領土奪還”ではなく、“銀河市民の心”をいかに掴むかという戦いであった。つまりプロパガンダアーティストは反乱軍の超兵器であった訳だ。)

by Janyor of Bith

 

そんなジャニア、実はアニメ内でも「言及」はされているんです!

気になる登場シーンは、『反乱者たち』シーズン1の第11話、ランドが出てくるエピソードです。

 

ランド:

「サビーヌ、この絵は君の作品かい? ビスのジャニアが描く反体制絵画を思い起こす」

サビーヌ:

「分かるの? ジャニアにインスパイアされて描いたのよ」

 

教養気取ってるランドが鼻につきますね。(笑)

 

最後に

ということで、『Star Wars Propaganda: A History of Persuasive Art in the Galaxy』の紹介でした!

 

 

それでは次に会う時まで、May the Force be with you…

▼スター・ウォーズ観るなら「ディズニープラス」!

Disney+ (ディズニープラス)

・クローン・ウォーズ/ファイナルシーズン(NEW!)

・マンダロリアン/シーズン2(Coming soon…)

おすすめ 深掘り
シェアする
チュン・ソロをフォローする
ミレニアム・パダワン号

コメント

タイトルとURLをコピーしました