スター・ウォーズと”言語”の世界|英語アクセントで物語の裏設定がマル見え?

セリフ
StarWars.com | The Official Star Wars Website

スター・ウォーズの魅力の一つと言えば…

登場する多種多様なエイリアンたち!!!

 

やっぱり、エピソード4のカンティーナのシーンは、「これぞ未知の世界!」でドキドキとワクワクですよね。

 

今回の記事では、そんなスター・ウォーズ世界の「ことば」に注目してみたいと思います!

 

~今回の豆知識~

実は、ナイン・ナンが話す言葉は・・・

 

▼スター・ウォーズ世界の文字「オーラベッシュ」解説記事はこちら

【変換表あり】スター・ウォーズの文字「オーラベッシュ」講座!
みなさん、こんにちは。スター・ウォーズの世界には、「オーラベッシュ(Aurebesh)」という文字が存在します。劇中にもたまに出てくるのですが...これが読めたら、スター・ウォーズ観るのがさらに楽しくなると思いませんか?ということで、今回は

 

立場・種族によって違う英語の”アクセント”

スター・ウォーズ世界での標準語は、「銀河ベーシック」といいます。

まあ、つまるところ「英語」なのですが、映画の設定上は銀河ベーシック語を英語に訳しているという形です。。

 

普段は、”理解不能でミステリアスなエイリアン語”に注目しがちですが…

実は、それぞれの登場キャラクターが話す「英語のアクセント・訛り」に、ストーリーを読み解く鍵が隠されているんです!

 

①イギリス英語 vs アメリカ英語!?

帝国側の高官たちは、イギリス英語を話します。

ターキン総督は象徴的ですね。あの丁寧で威圧的な話し方。。

ウィルハフ・ターキン様 StarWars.com | The Official Star Wars Website

ターキンを演じたピーター・カッシングは、イギリス・ロンドン出身です。

 

対する反乱軍側は、アメリカ英語を話します。

双子レイア&ルーク StarWars.com | The Official Star Wars Website

ルーク・スカイウォーカー演じるマーク・ハミルは、アメリカのカリフォルニア出身。

 

このアクセントの違いが…

帝国 vs 反乱軍 という構図、

転じて、イギリス帝国 vs 自由を求めて戦うアメリカ を暗示しているのです!

 

「スター・ウォーズ」公開当時の歴史背景を観ると、その意図がより深く分かります。

 

「スター・ウォーズ」の公開は、1977年。

少し前の73年にはベトナム戦争で「敗北」し、経済は低迷していました。

当時の映画には暗い作風のものが多く、それまであった「世界を支える超大国アメリカこそ正義」という自信を喪失し、アメリカ人の心はすっかり荒廃しきっていたのです。。

 

そんな中、アメリカンアクセントを話す田舎出身の青年が、銀河最強の帝国を打ち倒す、そんな爽快なストーリーが登場!

アメリカ人の心に、一介の自治区であったアメリカが反乱を起こし、世界最強のイギリス帝国に勝利した「独立戦争」を思い起こさせるのです。

 

そりゃあ気持ちいいですよね。。(笑)

という、割と国威発揚的な一面もあるんです。

 

ちなみに、「フォースの覚醒」でレイが初登場した際、”イギリス英語を話す”ことから「銀河帝国皇帝パルパティーンの娘なのでは…?」と噂されていたのは、よく知られる話ですね。

さらにちなむと、パルパティーン演じるイアン・マクダーミドは”イギリス人”ですが、”スコットランド出身”のため、バリバリのイギリス英語話者というわけではないのです。。(笑)

 

②オーストラリア・ニュージーランド英語

最強コンビ レックス&コーディ StarWars.com | The Official Star Wars Website

イギリス、アメリカと来れば、次はオーストラリアとニュージーランド!

 

そんなワイルドな英語を割り当てられているのが、クローントルーパーたち。

クローンたちの”オリジナル”であるジャンゴ・フェットを演じたテムエラ・モリソンが、ニュージーランド出身の俳優なのです。

もちろん、オーストラリアとニュージーランドで違いはありますが。

 

クローン・ウォーズでは、アメリカの声優ディー・ブラッドリー・ベイカーが声を担当しています。

関係ないけど、特にクローン注目回は、ほぼこの人の「一人芝居」で成り立ってる訳でしょ。それであの性格の使い分けでしょ。ベイカーさんすごすぎるよ。

 

③フランス語アクセント

“ジェダイの美”ことアイラ・セキュラ StarWars.com | The Official Star Wars Website

「フランス語」訛りの英語を話すのは、トワイレック

 

クローン・ウォーズの監督デイブ・フィローニによると…

ジョージ・ルーカス本人が直々に、「トワイレックのアイラ・セキュラにフランス訛りの英語を話させるように」と指示したとのことです。

トワイレックの妖艶な美しさを表現するのに、「最も優雅な言葉」ともいわれるフランス語を採用するこだわりがあったのでしょう。

 

多くのトワイレックは、フランス語訛りの英語を話しますが、

唯一アニメ「反乱者たち」に出てくるヘラ・シンドゥーラは、ほぼ訛りのない銀河ベーシックを話します

名パイロット ヘラ・シンドゥーラ StarWars.com | The Official Star Wars Website

ですが、敵に捕まった際は素性を隠そうと、他のトワイレックのように訛り言葉で喋りました。

使い分けができるのは、語学堪能な証!

 

ちなみにトワイレックは元々「トワイレッキ」という母語を持ちます。

実際に話される様子は、アニメシリーズ「クローン・ウォーズ」内で見ることができます。

彼らの母星ライロスに住む少女ヌーマは、ライロス解放のためにやってきたトルーパーのボイルとワクサーを「ネラ」と呼びました。

これは、私が意味を知る唯一のトワイレッキ語で、オビ=ワン曰く「兄弟」という意味だそうです。

 

④日本語風アクセント

そして、日本語っぽい英語を話すのが、ニモーディアン。。。

ルーン・ハーコとヌート・ガンレイ StarWars.com | The Official Star Wars Website

ちょっと残念。(笑)

 

どこかカタカナ英語っぽく、アクセントの付け方も日本人っぽい。

ただ、声を演じた俳優はベトナムやタイのアクセントを参考にした、との証言があるらしいです。

 

でも「ニモーディアン」という名前すら、「ニホン」に似せてきているように思えてきます。。

物語の立場上はで、経済的に強欲ながら、性格は臆病者、というかなり不名誉な役回りですね。

日本が世界第二位の経済大国として脅威的に映った「ジャパンバッシング」の名残なのでしょうか…?

 

さらに、これ面白いのが各国のバージョンでニモーディアンの訛りが違っていて…

・ドイツ語の吹き替え版ではフランス語訛り

・他のヨーロッパの吹き替え版ではロシア語訛り

となっているそうです。

 

どれも「歴史上の敵国」のアクセントを話させることで、無意識に敵のイメージを刷り込んでいるのでしょう。。(アメリカの旧敵ニホン、、、)

 

⑤南アフリカアクセント

これは「クローン・ウォーズ」のシーズン1エピソード15から。

このエピソードで描かれる、2つの民族の争いが、複雑な過去を持つ南アフリカに投影されているのです。

 

まず登場する民族の紹介。

惑星オート・プルトニアに住む、原生種族タルズと…

優秀な戦士民族タルズ StarWars.com | The Official Star Wars Website

 

オート・プルトニアの衛星パントラに住む、青い肌の種族パントラン。

元から真っ青パントラン StarWars.com | The Official Star Wars Website

 

タルズは、ウーキーのように英語(銀河ベーシック)を話すことができない種族です。

対して、南アフリカ色が出ているのが、タルズへの考え方で真っ二つに分かれたパントラン側

 

まず強硬派であるチー・チョー書記長は、タルズを”野蛮”と呼び、彼らの主権を全く認めずにオート・プルトニアを支配下に入れようとします。

まさに老害なチー・チョー StarWars.com | The Official Star Wars Website

彼は、訛りの薄い英語を話します

つまり、現地に染まらない外からの侵略者(南アフリカを侵略するイギリス)を象徴しているのです。

 

対する融和派のリヨ・チューチー議員は、タルズとの対立を避けようとします

可憐なリヨ・チューチー StarWars.com | The Official Star Wars Website

そんなチューチー議員は、南アフリカ訛り強めの英語を話すのです。

これは、現地に住み着いて原住の人々と共生していくことを決めた、後々の南アフリカに住むヨーロッパ系住民を暗示しているように思えます。

 

過去の植民地問題を重ねた、なかなか深めな例でした。

 

番外編

サラスタンの話す言葉は…?

ナイン・ナン StarWars.com | The Official Star Wars Website

代わって、ここでは冗談に思える話を。

 

『エピソード6/ジェダイの帰還』で登場したサラスタン種族のナイン・ナン

チュン・ソロ的には、あの独特の笑い方が好き。笑

 

そんなナイン・ナンもまた、ベーシックを話さない登場人物の一人なのですが、

実は彼、ケニアのキクユ族の言葉をそのまんま話してるんです!!

 

というのも、ナイン・ナンの声優を務めたのは、ケニア出身の留学生キプサン・ロティッチ。

第二デス・スター戦突入前にランドと交わした言葉をそのまま日本語に訳すと…

ナイン・ナン:

「そこにいる皆さん、こちらへ来てください」

 

エピソード6を上映したケニアの映画館では、このシーンで爆笑が起き、

人気を博したのはルークでも、ベイダーでもなく、、ナイン・ナンだったとの逸話も。。(笑)

 

作品内に出てくる言語の「数」

公式の出している動画で、「数を数えてみよう」をテーマとしたシリーズがあります。

子供向けに作られたものっぽいのですが、意外と面白いですね。

 

Every Language in Star Wars Movies | Star Wars By the Numbers

まとめ

以上、「スター・ウォーズと言葉」をテーマとした記事でした。

 

遠い銀河の話でも、結局はこの世界を映し出しているんですね。

中にはバリバリ政治色な背景を持つ言語もありました。。

 

やはり、掘り出すと面白い!

 

それでは次に会う時まで、May the Force be with you…

 

▼スター・ウォーズ観るなら「ディズニープラス」!

Disney+ (ディズニープラス)

・クローン・ウォーズ/ファイナルシーズン(NEW!)

・マンダロリアン/シーズン2(Coming soon…)

セリフ 深掘り
シェアする
チュン・ソロをフォローする
ミレニアム・パダワン号

コメント

タイトルとURLをコピーしました