スター・ウォーズの「正史」と「レジェンズ」とは?

みなさん、こんにちは。

ミレニアム・パダワン号のチュン・ソロです。

今回は、スター・ウォーズにおけるカノン(正史)とレジェンズについて解説します。

映画にとどまらず、関連のアニメや小説などに手を出し始めると、目にすることも多くなると思います。

この機会に知っておくといいかもしれません!

それぞれの定義

正史(Canon)

ディズニーが定めた「正統な」作品世界のこと。

レジェンズ(Legends)

これまで出たスピンオフによって作り出された、「正史」とは別の作品世界のこと。

別名、拡張世界(Expanded Universe, EU)とも言う。

区別ができた背景

スター・ウォーズは、公認・非公認関わらずスピンオフ作品が量産されてきました。

たとえば、1983年公開のエピソード6には、その後100年にも渡るストーリーを綴った、様々なスピンオフが作られてきました。

そんな中、2012年にディズニーがルーカスフィルムを買収し、続三部作を制作することが決定します。

しかし、ディズニーはこれまでのスピンオフを踏襲しないことにしました。

その際、ディズニーの新たなストーリー設定に合う作品を「正史」、合わないものを「レジェンズ」と分類分けすることで、物語に一貫性を持たせたのです。

見分け方

英語となりますが、以下のサイトには全ての正史作品が時系列順で並べられています。

まだ和訳されていない小説もたくさんありますね….。

starwarscanontimeline.com

基本的に、ルーカスフィルム買収後にディズニーが制作した小説などの作品は「正史」の扱いです。

唯一の例外として、ルーカスフィルムによって制作されたアニメ『クローン・ウォーズ』 は正史作品となっています。

作品の分類

正史作品

2019年2月現在、「正史」とされる作品は以下の通りです。

・映画『エピソード1〜9』『ローグ・ワン』『ハン・ソロ』

・アニメ『クローン・ウォーズ』『反乱者たち』『レジスタンス』『Forces of Destiny』

・小説『アフターマス』『カタリスト』『ターキン』など

・マーベルコミック『ダース・モール』『スカイウォーカーの衝撃』など

レジェンズの世界

スター・ウォーズは、『新たなる希望/エピソード4』の公開直後から、コミックなどたくさんの関連作品が作られました。

その多くはとても興味深いストーリーが綴られています。

たとえばエピソード6の後に…

・ルークは結婚し、「ベン」という名の子供ができる

・パルパティーンが準備していた自身のクローン体で復活する

・ユージャン・ヴォングという異民族が銀河の外から攻めてくる

などがあります。

レジェンズから「正史入り」したキャラクター

スローン提督

スローン提督は、1991年の小説『スローン三部作』で登場し、人気を博したキャラクターです。

この作品は『エピソード6』から5年後の銀河を描いており、新共和国を追い詰める天才戦略家としてスローンが活躍します。

後のスピンオフ作品に多大な影響を与えた作品だったのですが、買収後は「レジェンズ」となっていました。

しかし、ディズニーが新たに制作したアニメ『反乱者たち』でキャラクターとして「正史の仲間入り」を果たすこととなるのです!

まとめ

ということで、今回は正史とレジェンズの違いについて解説しました。

この違いを知らずに関連の小説やコミックを読んでいると、混乱してしまう場合もあるかと思います。

レジェンズにも「スター・ウォーズの真髄」を突くような作品が多数あるので、違いを知った上で楽しんでいきたいですね!

それでは次に会う時まで、May the Force be with you….

f:id:millennium-padawan:20190212220438j:plain

タイトルとURLをコピーしました